Youtuberが登場してから、何年ぐらい経っただろうか?

Youtubeで「好きなことで生きていく」人たちが現れて、「視聴者の目」は、テレビからネットへ移った。

年商1億円以上稼ぐ猛者も現れて、大学生のなりたい職業ランキングでも、Youtuberが1位になった。

映像のプロでもない、一個人の素人が、1本の動画で何十万回、何百万回も再生される動画を作っている。

プロのクリエイターからすれば、映像のクオリティは低いものも多いが、何故、皆がこぞってYoutuberを見るのか?

何故、テレビ番組が、素人に負けるのか?

理由は、ただ一つだけ。

Youtuberたちは、画面の向こう側の人たちのことを、誰よりも知っているからだ。

つまり、視聴者の気持ちが分かり、視聴者が求めていることを動画にして発信できているから、あれだけ見られるわけだ。

今、広告代理店がインスタグラマーやYoutuberに宣伝を頼むケースが増えてきている。

彼らには、数万、数十万というフォロワーがいて、熱心に投稿をみているからだ。

確証はないが、若い世代へのテレビCMの効果が下がっているため、インスタグラマーやYoutuberへ宣伝を依頼しているのだと思う。

これからますます、個の力が増してくる。

プロの動画クリエイターも、動画だけ作っていれば良い時代ではなくなってくるだろう。

これから活躍する動画クリエイターは、どんな人か考える。

それは、たくさんのコアなファンがいるメディアを持った、動画メディアクリエイターだと思っている。

時代はクリエイターにとって追い風だ。

クリエイターは、好きなジャンルの仕事をして、好きな作品を作れば、良い時代になってきている。

逆に言えば、好きな仕事をしていないクリエイターは、伸びづらい。

今まで、代理店や制作会社の裏側で、存在が見えないところで仕事をしていたクリエイターたちこそ、自分の意見を発信していくべきだと思う。

動画のクオリティとは別に、誰がどんな思いでその動画を作ったのか?

そのコンテクスト(文脈)が大事になってきているからだ。

果物や野菜のプロモーションでも、今は作り手の顔を見せるのが主流になりつつある。

誰がどんな思いで作っているのか分かれば、より美味しく食べられる。

これは、食べ物だけでなく、そのストーリーも消費しているからだ。

「食べ物+ストーリー」になっているわけだから、「動画+制作者のストーリー」の時代にも、実はなっているのである。

動画クリエイターに限らず、クリエイティブ業は、労働集約的で下請けのイメージが強く残っている。

これは悪く言ってしまえば、代理店や企業のために働く動画製造機だった。

でもこれからは、どんなクリエイターでありたいかが、逆に問われている気がする。

自分の意見を排して、言われた通り、相手の気持ちを汲み取ることに徹するのではなく、自分の意見を伝えて、やりたくないことはやらなくていい。

本当に応援したい人だけを、応援する。

そんなワガママなクリエイターがたくさん増えたら、日本はもっともっと面白くなる。

これからは、クリエイターにとって、「楽園モード」。

いかに楽しく、エキサイトできるか。

そこにかかっていると思う。

そんなクリエイターになるために、私が勧めているのが、「マーケティング」を学ぶこと。

マーケティングを学べば、自分のクリエイティブを活用する術が見えてくる。

これは例えるなら、大工さんが家を建てるだけでなく、その家を活用するのに似ている。
建てた家を、賃貸に出したり、民宿にしたりすれば、毎月安定的に収入が見込めるだろう。
動画などのクリエイティブも、作るだけでなく、活用することで、実は毎月安定的な収入を得れるのである。

また、マーケティングを学べば、クライアントに、より結果にフォーカスした提案ができるようになる。
ビジネスの全体像が見えてくるので、どんな施策を打てば良いかハッキリしてくる。

自分のビジネスにも、もちろん効果を発揮する。

いかにクライアントを増やすのか?
好きな仕事を取ってくるためにどうすれば良いのか?

そういったこともハッキリしてくる。

メルマガでは、マーケティングの全体像から、私の営業スタイル、ネットを使わないマーケティングまで公開中。
新時代を切り開く動画クリエイターやマーケッターのためのメルマガです。
無料ですので、登録お願い致します。

下記の「失敗しない動画マーケティングの成功方式」フォームより登録できます。
よろしくお願い致します。

メルマガ

時代を変える動画マーケティングの成功方式

動画の企画の立て方、マーケティング、演出、シナリオなどこれからの時代を切り開く動画クリエイターのための決定版メルマガ

※期間限定ブック「動画マーケティングの成功方式」無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です