失敗しない動画メディアを作るために知っておいてほしい5つのポイント

これからの動画メディアを作っていく上で、これだけは抑えておきたいと思う5つのポイントをお伝えします。

・これから動画メディアをやりたい方
・既に運営している方
・これからの動画メディアの方向性を考えている方

など、見ていただいたら、動画の可能性と失敗しない要点が分かるようにまとめてみました。是非ご参考にしてください。

ターゲットを明確にする。

これはもう当たり前ですが、たまに誰向けの動画か分からないメディアがあります。
視聴者の年齢や家族構成、価値観、願望などが明確であればあるほど、関心の高い動画コンテンツを作れます。
特に、昨今は価値観が多様化し、「三十代女性」といっても、考えてることはバラバラです。
価値観を軸にしたマーケティングを、共感マーケティングなどと言いますが、視聴者が何に共感するのか「共感値」をきちんと考慮しましょう。

「企画」を甘くみない。

私のメルマガでは企画の作り方をお伝えしていますが、動画メディアの肝は「企画」にあります。
動画メディアの企画には、「マーケティング知識」、「ストーリーテリング」、「動画演出スキル」などが必須です。
もし今企画をしていて、これらのスキルを身につけていない場合は、注意が必要です。

「マーケティング知識」がないと、視聴者とどういうコミュニケーションを取っているのか俯瞰できず、メディアを運営していけません。

「ストーリーテリング」を知らなければ、How to動画のようなものしか作れず、視聴者と関係性を発展させられませんし、ファンができにくいです。

「動画演出」を知らなければ、相手を惹きつけて振り向かせることができず、伝えたいことも半減します。

ブランドをつくる。

動画メディアは「ブランディング」ができる特性があります。
写真やテキストだけのウェブメディアでは、プラットフォームが変わると、どのメディアの誰が発信した記事なのか、分からなくなることが多いです。よって、ブランディングしたいウェブメディアは、ペーパーを発行してメディアブランディングをしてきました。
しかし、動画メディアなら、表現や演出を尖らせることで、どこに取り上げられても、ブランドが損なわれることはありません。プラットフォームの違いで文字化けしたり、映像が乱れることはないからです。
せっかく動画メディアをやるのであれば、合わせてメディアブランディングも考慮したいところです。

量だけじゃなく、質も重視する。

ここで言う「質」とは、単にクオリティが高い動画のことではありません。
視聴者と関係性を発展させて、メディアのファンになってもらうことです。
「量」があるHow to動画が、視聴者との「出会い」を作るためのものならば、「質」がある動画は、「関係性」を作るためのものです。
「質」がある動画には、必ず「ストーリー」があり、挨拶程度のコミュニケーションしか取れなかった視聴者と、深い話ができるようになります。
「量」の動画が8割で、「質」が2割くらいのバランスでメディアを作っていきましょう。

ファンをつくる。

動画の一番の特性は、「時間軸」です。
人の人生を極端に圧縮したり、ある一瞬をスローで見せたりすることで、ストーリーをダイナミックに作れます。
映画で、人はストーリーに共感し、最終的に言語化できない「愛」や「平和」などの概念を感じ取ります。
その抽象度の高い概念が共有できたときに、密度の濃いコミュニケーションが生まれ、感動がおきます。

動画メディアでも、ストーリーを取り入れた動画で視聴者との抽象度を上げれます。
密度の濃いコミュニケーションの場をつくることで、ファンを醸成することが可能です。
是非ファンづくりにストーリーを取り入れた動画を使ってください

メルマガでは、ターゲティング設定の考え方や、動画メディアに必須のマーケティング知識、詳細なストーリーテリングの手法の紹介、テキストや写真にはない動画メディアならではの演出技法についてなどご紹介していきます。
宜しければ下記の登録フォームよりご登録お願い致します。登録無料です。

メルマガ

時代を変える動画マーケティングの成功方式

動画の企画の立て方、マーケティング、演出、シナリオなどこれからの時代を切り開く動画クリエイターのための決定版メルマガ

※期間限定ブック「動画マーケティングの成功方式」無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です