【まとめ決定版】2018年 AIによる動画編集サービスとソフト

最近弊社に入社したカズキ君が、Youtubeブログをスタートしました。



動画制作の世界にも、AIの力が浸透してきているという話です。

特に編集作業においては現在も様々なサービスが登場してきております。

そこで、最近トレンドのAIによる動画編集サービスをまとめてみました。

  • これから動画活用をしたい方
  • 動画を外注ではなく、内製化したい方
  • 低コストで動画を量産したい方

など、今トレンドのサービスを短時間で把握でき、比較できるとおもいます。
是非ご参考にしてみてください。

2018年のAI動画編集サービスとソフトまとめ

Story Remix

ディープラーニング&人工知能(AI)技術を用いて、自動でムービーシーンを分析し、主人公ごとに最適化されたムービーを自動生成する。
また、3Dオブジェクトを合成してSFっぽいムービーを簡単に作れる、すごい機能の動画自動生成アプリ。

Video Brain

AIを活用することで、誰でも簡単に動画を作ることができる自動生成ツールです。
写真やテキストなどの素材を入稿すると、ストーリー性のある動画を自動で編集します。最短3分で動画を制作することができます。

関連サイト
オープンエイト

Pixellot

カメラマンも不要!コートに設置するだけで、撮影、編集を自動で行うことができる。スポーツ中継を変える革新的ソリューション。

実際にPixellotで撮影したスポーツ中継映像

関連サイト
Pixellot

Zooom

ファッションECサイト向け自動動画編集サービス
ささげ業務(撮影・採寸・原稿)のうちの「撮影」における動画編集作業を自動化できます。

※リンク先でdemoが試せます。

News TV

動画制作費無料!
ニュースを「ビデオリリース」する動画配信サービス

関連サイト
News TV

Adobe Premiere Elements 2019

プロ御用達、Adobeも自動編集機能を強化しています。
Adobe SenseiのAI技術を活用した自動編集機能や、さらに充実したガイド付き編集機能を搭載し、ビデオの整理、編集、作成、共有がよりいっそう簡単になったそうです。

如何でしたでしょうか?
AIによるソリューションはこれからどんどん発展していきそうですし、ワクワクする分野ですね。
今後もAIによる動画編集ソリューションが発表され次第、どんどん追加して行きます!

クリエイターにとっては、仕事が無くなると嘆く方もいると思います。
今後は動画は作れて当たり前の時代になっていくので、ストーリーをきちんと設計できたり、コンテンツを産み出す企画力だったり、本質的な価値を作れるクリエイターが生き残るのではないかと思っています。

メルマガ

時代を変える動画マーケティングの成功方式

動画の企画の立て方、マーケティング、演出、シナリオなどこれからの時代を切り開く動画クリエイターのための決定版メルマガ

※期間限定ブック「動画マーケティングの成功方式」無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です