経営者視点での動画ディレクションとは?

この記事は、会社で動画ディレクションの必要に迫られ、動画ディレクションをこれからやっていく人たちのために書いています。
もし、あなたに求められていることが、ビジネスを無限に拡大させ、大きな成果をあげていくためであるのなら、この記事は大いに役立つと思います。

なぜなら、通常の動画ディレクションでは、属人的な要素が強く、ビジネスをスケールアップできないからです。

また、この記事を見ているのがフリーランスのクリエイターであっても、大変参考になると思います。フリーであれ、ビジネスには変わらないのだから。

動画ディレクションの定義

動画ディレクションを考える場合、大きく二つの視点を知る必要があります。
この二つのどちらかが欠けていても、仕事はうまく行かないし、ビジネスを拡大させることもできません。
その二つとは何かというと、「演出」と「管理」です。

動画ディレクションにおける「管理」

まず「管理」とは、その動画制作のプロジェクトをスムーズに進め、完成まで持っていくスキルのことです。これはAD(アシスタントディレクター)やPM(プロジェクトマネージャー)の仕事とも言えますが、小さな仕事では、ディレクターがマネジメントも兼任していることが多く、また次に紹介する「演出」をしっかりと全スタッフに伝えるためにも、ディレクターに必要なスキルだと思います。

動画ディレクションにおける「演出」

「演出」とは、ディレクターの意図を反映したものです。「冒頭は物語に引き込みたい」、「ここはわかりやすくてシンプルに伝えたい」など、ディレクターの意図を演出として反映させます。例えば、超簡単な演出で言えば、注目させたい部分にズームするなどです。
大きなプロダクションであれば、ADやPMなどのおかげで管理業務を最小限にして、ディレクターは演出だけに集中できます。

経営視点から考える動画ディレクション

もしあなたが経営者や経営視点で動画ディレクターをやっていく場合、この「管理」と「演出」の部分を「システム」に置き換える必要が出てきます。
「システム」にできなければ、あなた自身がシステムになってしまうため、経営はできません。
あなたの仕事を減らし、ビジネスを拡大させるためには、どんな形であれこの「管理」と「演出」をシステム化し、あなたが黙って何もしなくても、スケールアップしていく仕組みを作らないといけません。

システムの例

この動画ディレクションをシステム化している例を示します。
まず、「管理」ですが、これはウェブを使ったシステムを作り、制作工程を管理しやすくする解決策が一般的です。中堅の動画制作会社の多くがウェブシステムを作り、制作工程を管理しています。
次に演出ですが、これはフリーランスをたくさん集め、「人のシステム」を作っています。「演出」は究極に属人的な作業なので、演出家を集めて、案件ごとに最適な人をマッチングさせる「プラットフォーム」をウェブシステムで作っているところが多いです。
また、最近では「AI」が演出家に代わって、原型となる構成や演出をしてしまうケースもあります。演出をAI化するというアプローチでシステムを作ろうとしてます。

ハードは無理でも、ソフトは作れる

もしあなたの会社に資本がたくさんあり、AIを開発したり、制作工程を管理するアプリを開発できるなら、テクノロジーの力で動画ディレクションをシステム化できるでしょう。
ただ実際はお金もかかるため、ハードを作るのは難しいです。
でも、ソフトは作れます。

動画制作には、どういった工程があるのか?
動画演出の原理や原則はあるのか?

そういったことをきちんと学び、ソフトウェアの概念を作り上げることはできます。
まずは、他社がやっているシステムから学んだり、動画ディレクションの本質を学べる環境を手に入れましょう。

弊社のメルマガでは、動画の企画の立て方や、演出や制作工程についてなど、本質的なことが学べるメルマガとなっています。ぜひ学びの環境整備として無料登録おススメです。

メルマガ

時代を変える動画マーケティングの成功方式

動画の企画の立て方、マーケティング、演出、シナリオなどこれからの時代を切り開く動画クリエイターのための決定版メルマガ

※期間限定ブック「動画マーケティングの成功方式」無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です